×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

中学生の英語学習法【高校受験の合否は英語で決まる】中学英語速習教科書TOP > 中学生の受験勉強【確実に成績を上げる効率のいい学習法】 > 中学生の受験勉強【高校受験・国語読解テクニック】

中学生の受験勉強【国語は読書力だ…】は嘘だったとは?

 

⇒国語読解テクニック詳細









高校受験における、国語の勉強は、読解がきらいな人にとっては、かなり難しいと言われます。

他の教科と違って、どんなに練習問題をやっても、うまくならない・・

という声よく聞くのが国語です。


『国語は読書力だ』

と今まで言われてきましたが、みんな嘘だった。

こうはっきり言い切るのは、河原塾 塾長の河原利彦氏です。

河原塾塾長 河原利彦
かすみがうら市、石岡市にある
自塾「河原塾」で子供たちを教
えて24年。
特殊な指導法を受ける塾生は間
違いなく合格率が高い。
不思議な力を持つ塾長の授業を、
今、インターネットで全国に
展開中。
4人家族、娘と息子がいる。


当時、国語には、”読書力が必要だ”という固定観念を持っていた私は、彼に読書を勧め、本を与え、
あらゆる対策をしてみたのです。

ところが、いつになってもテストの点数は上がらない、確実に文章を読むのもうまくなったし、
本もスラスラと読むようになったのです。


               ■国語と読書・・・


そこで、私は、読書の好きな生徒の国語の成績を調べてみたのです。


         【すると、驚くべきことがわかったのです。】


一見、密接なつながりがあると思っていた、「読書量」が多い生徒が、国語の成績がいいとは、
まったく言えないと判明したのです。



             【すわなち、関係ないのです】


私は、かなり驚きました。

・あんなに「読書をしろ」と、言っていた国語の先生。

・いつも、本を読むことが重要だと教えてくれた親。

・読書の重要性が書いてあった参考書。


             【みんなみんな、嘘だったのです】


これまで、国語の成績を伸ばすために、生徒に読書や文章を読むことを強く、勧めて来た私は、
そこで、塾講師として、考えを改めなければならないということを思い知らされたのです。


そういう私も、恥ずかしながら、学生の時は国語が大嫌いでした。

読書量もあまりなかったので、きっとそのせいなのだ、などと決めつけていたのです。


もしかしたら、文章を読み取る ”テクニック ” がわかれば、もっと短時間に誰にでも
出来るのではないか?


と思いつき、様々な方法を研究しました。


しかも、中学生がやっても、確実に読解が可能になるという方法。


そして、試行錯誤の末、“ある方法”を考えだしたのです。

それは、仮に読書力がなくとも、文章の意図を容易につかむことが出来る新しい「読み方」です。

この読み方を覚えてしまえば、かなりの精度で、問題に正解することが出来るのです。

しかも、特別な訓練を要しないのが特徴です。

さて、このように驚きの事実を話される河原塾 塾長の河原利彦氏ですが、

それでは、河原氏の国語読解テクニックとは具体的にどのような方法なのでしょうか?


 受験国語読解テクニック詳細をご覧ください。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓














 

受験国語読解テクニック

国語読解テクニック

⇒国語読解テクニック詳細高校受験における、国語の勉強は、読解がきらいな人にとっては、かなり難しいと言われます。他の教科と違って、どん...

数学の裏技

⇒数学の裏技詳細高校受験本番で、一番問題となる「数学」をより確実に正解し、確実に点数をとるために絶対に必要なことがあります。  ...

中学理科総復習

⇒中学理科学習法詳細中学の理科というのは、あまりピンとこないかもしれません。高校受験といえば、まず思い浮かぶのが英語、数学、...

英語リスニング講座

⇒英語リスニング講座詳細英語のリスニングが苦手な中学生が多いようです。私も覚えがありますが、どうも先生に習った英語の発音とは...