×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

中学生の英語学習法【高校受験の合否は英語で決まる】中学英語速習教科書TOP > 中学生の受験勉強【確実に成績を上げる効率のいい学習法】 > 中学生の受験勉強「卑怯な授業」不合格にならない数学の裏技

「卑怯な授業」不合格にならない数学の裏技とは?

 

     ⇒数学の裏技詳細









高校受験本番で、一番問題となる「数学」をより確実に正解し、確実に点数をとるために
絶対に必要なことがあります。

                   ■それは・・・


          【卑怯な手を使ってでも得点する】

ということです。

誤解を招いてはこまるので、言っておきますが「卑怯」というのは「不正」カンニング?
と思ってしまったあなた!

そういう意味ではありません。
               ■どういうことかと言うと・・・


それは、普通の中学生が「10分かけてやる問題を1分でやる」ということです。

まわりの中学生がそれを知ったら絶対に「それは卑怯だ!」と騒ぎ出し、嫉妬のまなざし
で見られるようなやり方をするということです。

実は、数学には、どんなに時間をかけて教えても、練習させても

              【入試本番で得点できない】

という、特に数学に多い特徴があります。

               ■どうしてなのでしょうか?


それは、中学生の子供たちは、数学の問題を解くときに、

「正しいやりかた」にこだわり過ぎていることが原因です。

実はどんな方法を使おうが、正解できればそれこそが正しいやり方なのです。

つまり
          【正しいやり方なんてない】
のです。

中学生の子供たちは、学校や塾で教わったやり方を、ただひたすら忠実に一生懸命やっている
だけなのです。

間違っても、間違っても、何度も何度もやっているだけなのです。

とても真面目なのです。

ただし、真面目な中学生は、得点できるはずなのに、その得点できる

           【やり方を知らない】
だけなのです。

さて、このように過激にも聞こえそうな話をされる、河原塾の河原利彦氏ですが、
この勉強方法で実際に数えきれないほどの中学生を、第一志望の高校へ見事合格
させている実績
があります。

そんな実績を誇る「卑怯な授業」数学の裏技詳細をご覧ください。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

















 

不合格にならない数学の裏技

国語読解テクニック

⇒国語読解テクニック詳細高校受験における、国語の勉強は、読解がきらいな人にとっては、かなり難しいと言われます。他の教科と違って、どん...

数学の裏技

⇒数学の裏技詳細高校受験本番で、一番問題となる「数学」をより確実に正解し、確実に点数をとるために絶対に必要なことがあります。  ...

中学理科総復習

⇒中学理科学習法詳細中学の理科というのは、あまりピンとこないかもしれません。高校受験といえば、まず思い浮かぶのが英語、数学、...

英語リスニング講座

⇒英語リスニング講座詳細英語のリスニングが苦手な中学生が多いようです。私も覚えがありますが、どうも先生に習った英語の発音とは...